レンタルサーバーサービスの選び方

レンタルサーバーを選ぶポイントと、見分け方をまとめてみました。 サービスの違いが分からない、お金を払うから失敗したくないという方には、 以下のサービスをお勧めします。

■ 私が勧めるレンタルサーバーサービス
・ 個人向け: レンタルサーバー C'S SERVER Personal
・ 法人向け: レンタルサーバー C'S SERVER Professional

早い軽いは当たり前!

レンタルサーバーはホームページを設置する環境を提供するサービスです。 お金を支払って利用するのですから、遅い、繋がりにくいというサーバーは お勧めできません。

・回線環境

表示速度に最も大きな影響を与えるのが回線環境です。 皆さんのパソコンが接続している回線が、ISDNなのかADSLなのか、 光ケーブルなのかによって表示速度が大きく異なるように、サーバー が接続されている回線の大きさによって表示速度が異なります。 HP上でサーバーが接続されている回線環境を明示されていることが、 最低限求められます。
【キーワード: データセンター, バックボーン, 専用回線】

・サーバースペック

次にサービスで稼動しているサーバーのスペックが重要です。 スペックが低い=処理能力が低い ため、1つ1つの処理に時間が掛 かり、結果的に遅い、重いにつながっていきます。 全てに共通している言えることは、HP上で情報を公開していることが、 最低限求められます。見つからない場合は公開できない理由がある ので、あまり期待しないほうがよいかもしれません。
【キーワード: スペック, CPU,HDD,OS,Memory】

・1サーバー当りのユーザー数

これも非常に重要な要素です。1サーバーを何人のユーザーで共有 しているかによって、サーバーに掛かる負荷は大きく異なります。 どんなに高性能なサーバーでも、処理能力の限界はありますから、 サーバーに見合ったユーザー数であることが求められます。
【キーワード: 定員,ユーザー数,アカウント数】

・ユーザー監視体制(負荷,転送量など)

HP上で「転送量無制限」という言葉を目にしますが、本当に無制限 に利用できるサーバーはまずありません。転送量が大きくなるほど、 接続スピードは遅くなりますので、スピードを損ねない範囲で、 最大限にユーザーの自由度高めているサーバーをお勧めします。 サーバーへの負荷も同様で、監視体制が整っている必要があります。
【キーワード: 転送量制限,負荷,ユーザー監視】

安心して利用できるサービスを!

皆さんはサービスを利用していて不安になることはありませんか? 特に技術的な作業が多いレンタルサーバーでは、分からないことが 山ほどあるため、サポートがしっかりしていることが重要です。 また、データ保守体制やウィルスメール対策などもチェックしましょう。

・サポート体制

安心してサービスを利用するための最大のポイントがサポートです。 返答がくるまでの時間も大切ですが、やはり質が問われます。 企業によってサポートに対する考え方は全く違いますので、 同じような質問を複数の企業にしてみるのも良いかもしれません。
【キーワード: サポート,担当者,接客業】

・ウィルスメール対策サービス

近年急激に増加しているウィルスメールに対しては、やはりサーバ ー側での対応が求められます。オプションサービスとして提供して いるところがほとんどですが、無償提供しているところの方が、 安全に配慮されたサービスであるといえます。
【キーワード: ウィルスメール対策、無償提供】

・データバックアップシステム

大切なデータを預けているのですから、バックアップシステムは 事前に確認しておいた方が良いでしょう。HDDを複数搭載している 場合は、常に複数のHDDにデータを保管しています。(RAID構成) また、外部サーバーへのバックアップも大切です。
【キーワード: RAID構成、ミラーリング、バックアップ】

・障害発生時の復旧体制

サーバーに障害が発生した際、即時復旧可能な体制が整っているか、 また、HDDなどに致命的な障害が発生した場合の復旧体制など、 利用前に確認しておくと良いでしょう。
【キーワード: 障害時の対応、復旧体制】

・サービスの透明性(情報公開)

どの企業のHPでも、自社サービスの良い点ばかり記載されています。 利用する側にとっては、自分が知りたい情報を公開しているのかが サービスに対する信頼にもつながります。サーバーの運用状況や、 障害発生履歴などの情報が最低限必要かと思います。
【キーワード: サーバー運用状況、障害情報、サービス利用状況】

使いやすいサービスを!

自分のHPを管理するためには、使いやすいサービスであることが、 ストレスを感じることなく継続することができます。用意されている ツールや、料金なども大きな要素の一つになります。

・サービス管理ツール

レンタルサーバーサービスでは、コントロールパネル等と呼ばれる サービス管理ツールが用意されています。管理できるメニューの数や、 使い勝手の良さなどを試用期間等を使って確認しましょう。
【キーワード: コントロールパネル、管理ツール】

・基本スペック

レンタルサーバーサービスでは、コントロールパネル等と呼ばれる サービス管理ツールが用意されています。管理できるメニューの数や、 使い勝手の良さなどを試用期間等を使って確認しましょう。
【キーワード: コントロールパネル、管理ツール】

・コストパフォーマンス

レンタルサーバーサービスでは、コントロールパネル等と呼ばれる サービス管理ツールが用意されています。管理できるメニューの数や、 使い勝手の良さなどを試用期間等を使って確認しましょう。
【キーワード: コントロールパネル、管理ツール】

■ 私が勧めるレンタルサーバーサービス
・ 個人向け: レンタルサーバー C'S SERVER Personal
・ 法人向け: レンタルサーバー C'S SERVER Professional